佐々木まゆみ佐々木 真由美(ササキ マユミ)
宇治市在住 30年以上

生年月日:1958年1月6日
出身地:岡山県倉敷市
血液型:O型
星座:山羊座

学歴:
岡山県立児島高校卒業、放送大学(社会と経済コース)卒業
龍谷大学大学院政策学研究科修士課程修了

職歴:
宇治市女性ルームで活動推進専門員
宇治市男女共同参画支援センターで活動推進専門員
宇治市女性問題アドバイザー
京都府男女共同参画センターのアドバイザー
合同会社はたらく・くらす at よりあい商店を設立
障害者就労継続支援事業所勤務

座右の銘:やりたいことはやってみる。行きたいとこへは行ってみる。
好きな言葉:「明日、死ぬかのように生きよ 永遠に生きるかのように学べ」

2015年4月 宇治市議会議員選挙に初挑戦(次点)
2019年4月 宇治市議会議員選挙で初当選

市民活動
<わたし>からはじめるまちづくりの会
女性を議会に 無党派・市民派 ネットワーク
関西無所属ネットワーク
新しい宇治を創る会
宇治からはじめる考えるネットワーク
シアター300の会

好きなこと
したことのないことをすること(ワクワク)
人と話すこと
映画を観ること(一番好きなのは「バクダット・カフェ」)
冷蔵庫のありあわせで料理をつくること
商店街を歩くこと
本(乱読気味) ・マンガを読むこと(松本大洋とよしながふみが好き)
手仕事(編み物・手縫い)

政治を志したきっかけ:
わたしは宇治に住んで30年以上。このまちで子育てや介護をし、市で14年間働きました。
行政で働くなかで、「これは、おかしい」と感じることが多くありました。
例えば、公共施設の利用が市民の使いやすさより職員の勤務体制など、行政側の都合を優先して決められていたり、さまざまな支援制度が用意されていても、いざ困ったときに使おうとすると、要件が限られていて使えなかったり、手続きが複雑で使いにくいものであったりと、納得できないことだらけでした。
女性、高齢者、若者、子ども、障がいがある人など、まちにはさまざまな人たちの暮らしがあり、たくさんの課題があります。
わたしは、どの政党や組織にもしばられず「無党派・市民派」として市民の目線で、暮らしやすさを実感できるまちに宇治をかえるために行動します。

 


佐々木まゆみは市民の願いを実現できる宇治をめざします!

  • これからも住み続けたいまち
    日本全体で人口減少が進むなか、「このまちで暮らし続けたい」と選ばれるまちになるために必要なものは何かと考えると、そこに住む一人ひとりが大切にされ、住みやすさを実感できるまちではないでしょうか。

  • 市民の意見を反映するまち
    市民に信頼され、市民の暮らしやすさにつながる「よい政策」を実現していくには、まず市民の声を聞く姿勢が必要です。そして、その一歩となるのが情報の透明性です。決定したことだけではなく、検討過程からの情報公開と市民参画を進めることで市民のニーズに合った政策が実現します。

  • 車がなくても暮らしやすいまち
    3つの路線が乗り入れ、駅もたくさんあることから「宇治は利便性の高いまち」といわれますが、その一方で市内の移動が不便です。高齢者、障がいのある人だけではなく、すべての市民の足となる公共交通の確保は重要な政策であり、暮らしやすいまちとしての必須条件だと考えます。

  • 子どもの育ちを支えるまち
    子どもは「社会の宝」といわれながら、一人ひとりの子どもの現状にそった環境はまだまだ整っていません。少子化対策にまず求められるのは、今いる子どもたちの育ちを支え子育てしている親たちが安心して子どもを育てられる支援づくりです。小さい子どもだけではなく、中学生・高校生のための取組みも必要です。

  • 安心して暮らせるまち
    普段の暮らしやすさが、災害にも強いまちづくりにつながります。そして高齢になっても障害があっても安心して暮らせるまちは、すべての人が暮らしやすいまちとなります。暮らしの安全を「自分ごと」ととらえ、誰もが安心して暮らせる宇治を考えましょう。

  • 市民の力を生かせるまち
    自分たちが暮らすまちをどんなまちにしたいかを決めるのは、そこで暮らす市民です。行政だけに任せず、自らが動くことで地域課題をどうにかしたいという思いを実現するための仕組みづくりが必要です。多様な人がつながり、それぞれの力を発揮することが豊かな人間関係と地域の活性化につながります。